打ち金と火打ち石でオトナの火遊び!

打ち金と火打ち石でオトナの火遊び!

打ち金で石を打ち、
火花でチャークロスに火をつけて
その火口を杉の木枝や枯葉たちに引火させ、
その炎から焚火を起こす。

こーんなことができたらカッコイイんじゃね?
そう某ヒロシ氏のように。

ソロキャンプを始めると、
一人の時間がたっぷりあるので、
そんな余裕が出てきます。

ということで・・・

打ち金のセット購入!

火打ち金セット

打ち金と火打ち石を別々に買うのも、
ケースに入ったセットも、
同じくらいの価格だったので、
セットになっているものを密林にて購入。

火打ち石と火打ち金

打ち金。そして火打ち石。
なんか闘うための武器みたいにも見えますw

火打ち金の厚み

厚みは約5mm

火打ち金セットの中身

他にも伸縮タイプの火吹き棒と
チャークロス用と思われる
厚手の綿の布が入っていました。

チャークロスの作り方

前のキャンプと時に作ったチャークロス。

綿は厚い生地のほうがいいようですが、
そんな布が都合よく家にあったりはしないので、
tsuneはいらなくなったTシャツを
切って缶に詰めました。

缶のフタにひとつ穴を開けて、
空気の逃げ道を作り、焚き火にかけます。

チャークロスづくり

フタの穴から煙が出てきます。
煙が止まったら火からあげて・・・

冷ましてフタを開けてみると、

完成したチャークロス

チャークロスが完成しています(^^)

オトナの火遊び

さて、実践!

火打ち石とチャークロスの持ち方

石の上にチャークロスを乗せて
火打ち金で石を打ちます!

打つべし!

打つべし!!

叩きかたが悪いのか?
火花は出ますが、
なかなかチャークロスに当たりません。

マグネシウムのファイアスターターで
つけよっかな?(^_^;)

そういう考えが脳裏をよぎったその時!

きたーっ!

チャークロスに火口

チャークロクロスに火花がヒット!

チャークロスの火口を吹く

息を吹きかけると、
火口が広がります。

チャークロスの火口を吹く

杉の枯れ葉と小枝を重ねて、
息を吹いて火を点けます。

火口から枯れ枝に火をつける

炎があがったら
松ぼっくりの待ち構える焚き火台へ!

一人で慌てながら片手で撮ったので
ピントがあってない(^_^;)

松ぼっくりと枯れ枝に火をつける

小枝を足して、
小割りの薪へと火をつけていきます。

薪グリルの焚き火の火種

パチパチといい音を立てながら
燃え広がっていきます。

風が強かったりすると
なかなか上手くいかないようですが、
今回は上手くいきました!

薪グリルで焚き火

火遊びの楽しみ方が
またひとつ増えました(^^)

【ブログランキングに参加しています】
それなりに面白かった、なかなか役に立つ情報だった、
そう思っていただけましたら、いいね感覚で投票いただけると喜びます

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ